データベーススペシャリストの合格証書の到着

去る1月15日、私がトイレで頑張っているところに、家のチャイムがなりました。
奥さんが代わりに出てくれましたが、IPAからデータベーススペシャリストの合格証書が届いたのでした。
受験したのが、10月の上旬と考えると、合格証書が届くのに3か月以上かかるわけで、その間に随分記憶は薄れてしまっている。
今、受験したら確実に落ちる自信がありますね。

しかし、まさか4つも高度情報技術者試験に合格することになるとは、平成の自分には想像出来なかっただろうと思います。

そう、私は基本情報技術者試験こそ、2003年に合格したものの、それ以降資格試験には取り組んでこなかった。
それには色々な理由(言い訳?)があるが、そもそも基本情報を取ったのだって、今の会社に転職するために必須と言われたからで、それがなければ受けなかったと思う。さらに転職前はJAVAでWEB系の開発をしていて、それなりに自信が持っていました。しかし転職先でもそのことをアピールしたのですが、なぜか配属先はホストがメインの部署。
黒い画面に文字の羅列。まあ衝撃を受けましたね、、、、。でやる気を無くした気がします。

20代は、趣味のクワガタ採集(今でも趣味ではあるが。)に大嵌りで、もうそれしかやってこなかった。
30代は、転職した会社でこき使われて、忙しすぎた。6年間残業全社1位という不名誉な称号をもらうことに。さらに仕事内容が特殊で業務上の専門知識ばっかり必要となり、IT的にはどうだろうって仕事だった。

そんな私に転機が訪れたのは、昇格に資格が必要となったことです。
いいか悪いかは別として、給料があまり高くないこともあってか、管理職という役職にはよほど素行に問題がない限りは、なりやすい環境の会社であったのですが、自分が大体その年齢になった頃に、昇格には資格が必要となったのです。
先述のとおり、基本情報は持っていましたが、それだけでは条件には足りなかったのです。

あともう一つ資格がなにか必要でした。
仕事に追われて、順当に進めば自分の管理職という年でも仕事が忙しくて中々、資格にまで目が行きませんでした。
気づけば、年度が替わるまであと数週間。これは何とかしないといけないと思い立ちました。

資格と言っても、すぐ受験して受かる資格なんかあるんだろうか?
考えてみたところ、SQLやOracle DBの構築にはそこそこ自信があったため、試しにOracle Bronzeに必要な試験を2つ受験してみたところ、なんとか合格しました。
その後、無事昇格を果たしたわけで、資格とは無縁だった私も、それなりに知識・経験そして、勉強をすれば受かるんだということがわかり、自己研鑽を兼ねて、勉強しては資格を取得するようになったのでした。

思い起こしてみれば、この業界に入った時は、雲の上のあこがれの資格と感じていた、プロジェクトマネージャ試験、ネットワークスペシャリスト試験、データベーススペシャリスト試験を取得できるなんて、人生って不思議ですね。

西村大臣は流石に知っている、


広告

データベーススペシャリストの勉強方法

図らずも、データベーススペシャリストに合格したわけなので、勉強方法を誰の参考になるかわからないけども紹介しておきます。
基本的に午後1、午後2は交互に1日1時間〜2時間を使って解きました。

午前1
免除でしたが、昔勉強した際は過去問道場を過去9年間分全て解けるようになるまでやり込んだ結果、 92点取れたので、その方法で行けるはずです。

午前Ⅱ
こちらも過去問道場一択です。
私は試験2週間前ぐらいから、通勤時間に問題を解けるだけ解きました。
総時間でいうと8時間ぐらいの勉強時間でしょうか。
中身をちゃんと理解すると、午後1や午後2で知識問題が出た場合には役に立つと思いますが、とりあえず午前2を突破するのであれば、丸暗記でも大丈夫と思います。

午後1
〔予約〕2023年度版 ALL IN ONE パーフェクトマスター データベーススペシャリスト/TAC株式会社
こちらの本で勉強して、演習問題も解きました。
後は、単純にIPAから過去問をダウンロードして解きました。
平成28年〜令和3年まで解きました。

午後2
同様に
ALL IN ONE パーフェクトマスター データベーススペシャリスト/TAC株式会社
で勉強して演習問題を解き、後はやはりIPAから過去問をダウンロードして解きました。
平成28年〜令和3年まで解きました。

午後1、午後2はそれぞれ答え合わせの時に、なぜその答えになるのかわからないものはあまりなかったですが、あった場合はネットなどで検索して解説を見て理解することを心がけました。
今は便利な世の中で、誰かしら解説をしてくれているものです。
私もそれぐらいのエンジニアになりたかったですね。

データベーススペシャリスト合否発表

昨日、12/22はIPAの情報処理技術者試験の秋の合格発表の日でした。
受験直後にブログに書きましたが、手ごたえがあまり無く、結果には期待できない感じでしたが、やはり発表直前になると、もしかしたらなんて気持ちが湧いてくるものです。
ただ、当日は正午を待ってソワソワしている時間もなく、仕事に追われて気付いたら、すでに12時を回っていました。
お昼休憩中に、成績照会のページを開こうとした際に、なぜかDBのページだけ期間外と表示されて見ることができませんでした。
しばらく待ってから再度開いてみると、ようやく見ることができる様になりました。

お馴染みのこのページはやっぱりドキドキしますね。

受験番号、パスワードを入力して、送信を押します。
すると間髪入れずに、ページが表示されます。
























あれれ?

予想に反して、合格していました。

1回受験したことがあるのは、以前の記事に書きましたが、その時は午後2を論理設計を選択して、全く時間内に終わらず、午後2で敗退するという結果でした。後々確認すると伝説のパン屋問題とかネット界隈では言われている難しい問題だったそうです。
そんな経験もあり、今回は午後2を物理設計の問題を選択しました。
確かに私の仕事はインフラエンジニアよりであるため、本来、物理設計の方が経験値が高かったのですが、当時買った書籍(いわゆるみよちゃん本)は論理設計に傾聴している感じで、前回は論理設計を選択してしまいました。

今回は、そこがうまくハマったのかもしれませんが、午後2についてはIPAの模範解答を見ても、こんな解答したっけ?
みたいなのが多くて、どうも合点が行かないですが、まあ合格したのでよしとしたいと思います。
次回以降に、どのような勉強をしたのか紹介したいと思います。

AWS Certified Solutions Architect – Professional 受験しました。

・受験経緯
これほど世間を賑わせている、AWSを全く知らなくてシステムエンジニアと言えるのか?そう思い立って、AWS Certified Cloud PractitionerとAWS Certified Solutions Architect Associateを立て続けに受験したのはもう2020年1月のこと。
世間的には有名な資格だったが、勤めている会社で持っている人はおらず、会社の資格取得一覧にも列挙されていなかった。

その後、一覧に追加されることとなったが、その時にヒアリングが各社員に対し行われたので、取得済みであることを答えたところ、それが公表され、色々な人にこの資格のことを聞かれて、面倒くさかったことを覚えている。
なお、今となっては会社も力を入れてきて、結構な人数が資格を取得している状況となっている。

まあ、そんなことはどうでもよくて、そのときに取得した資格がもうすぐ3年が経過して有効期限が切れてしまう状況。
これが今回の問題だ。
同じ資格を更新目的で受験することは仕方がないことなのだが、モチベーションはちょっと上がらない。そこで目をつけたのが、AWSの資格は上位資格を取得すると、下位資格も自動的に更新されると言う仕組み。
それならばと、少々自信はないけど上位資格を受験することにした。

思い立ったのは10/18、ちょうどデータベーススペシャリスト試験が終わってから一週間ほど経過した頃だった。
やっと勉強にやる気が戻ってきたのだ。
早速上位資格について調べると、SAP-C01という試験になることがわかった。
ただ、SAP-C01は11/14で終了してしまい、その代わりにSAP-C02という試験が開始されるも併せてわかった。
なんともタイミングの悪い。
新しい試験となるとその試験に対応した書籍が発売されるまで待たないと行けなくなる。実務経験もないものを書籍無しで勉強するのはちょっと難しい。また古い書籍で勉強するのもきっと非効率に違いない。
これはなんとしても11/14までに試験を受験して合格するしかないとSAP-C01を申し込む。
そして11/11(金)に会社を休んで受験することとなった。

・勉強方法
書籍:
AWS 認定ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル
~ 試験特性から導き出した演習問題と詳細解説 ~

そもそも、書籍は市販されているものが、これともう一つしかなく、評判がこちらの方が良さそうだったので、購入。
書籍を使っての勉強の仕方になるが、
当然、試験の範囲の全てを網羅されているわけではなく、基本はサービスの概要が記載されていて、それと関係するインターネット上のリンク先が記載されているので、それを元に、サービスの内容の理解に努めた。
後は、模擬問題を解いて問題の中で提起される問題に対してのいわゆるベストプラクティスと思われる回答を導くことを訓練した。

公式サイトでの勉強:
SAP-C01の試験ガイド
これを見ないことには試験で求められることが分からないのでぜひ参考にして欲しい。
ちなみに、SAP-C02の試験ガイド

公式サイトのサンプル問題:
サンプル問題
サンプル問題はぜひやっておいて欲しい。
なおサンプル問題はすでにSAP-C02用になっていた。

公式サイトの無料問題集:
この問題集もぜひやってほしい。
AWS Certified Solutions Architect – Professional 公式練習問題集

公式サイトの各サービスの情報:
マニュアル
ブラックベルト
ホワイトペーパー
など。

上記を活用して勉強を行なった。
しかしながら、公式サイトの問題集などを見る限り、こういった問題が多岐のサービスに対して出てきたら、ちょっと解くのは難しいなあと感じていた。

・試験当日
試験は千葉のビアソンVUEの試験センターであった。
コロナ前には試験に行っていたのだが、ここ数年行ってなかった。久しぶりでドキドキする。
勉強については、満足できるレベルまで終わらせることは出来なかったが、こうなったら、今の実力を出し切るしかない。
3時間という長い試験であるが、時間が多いのか少ないのかもちょっとわからないので、ハイペースで問題を解くことを心がけることにした。
1問目からはい、もう何だかわからない。
やっぱりこのパターンか。
無料問題集とか見ても思ったんだよね。なんといっても機械翻訳したとしか思えない日本語、読むのが本当に辛い。意味がわからない。
一番ひどいのはAWS Organizationsが普通にAWS 組織とかなってんの。
もう、最悪。
問題文の意味のわからないやつは登場するサービス名の組み合わせと出てくる用件から、これが一番可能性が高いであろうものを選択することに。
わざわざ、英語の問題を表示する機能もついている。日本語訳に自信がない表れであろう。
これと言った手応えもなく2時間30分ほどで75問全問を解き切った。
見直す必要はないと感じた。正直見直してどうにかなる問題ではない。
迷わず、試験を終了する。
結果は、合格と表示されている。
どうやら受かったらしい。

・最終的な成績

あぶな。19点しか最低点から上回ってない。

と言うことでなんとか合格することができた。

・所感
感じたこと。
この試験は確かに難しい。
この試験に合格できるレベルになれば、
複数の方法で設計できるところを、一番課題解決や要件(コストや可用性など)に見合う構成がどれかと言うことを顧客に提案する能力は高くなるのではないかとは思った。
しかしながら、AWSの設計・構築の知識・スキルが高くなるかというとそうではないと思う。所詮机上の空論。
なので、これから少しでもAWSに触れる機会が増えることを期待したい。

データベーススペシャリスト受験

10/9(日) 
データベーススペシャリスト試験を受験してきました。感想から言うと、頭の回転の悪い私には難しい試験と感じました。

簡単に振り返ってみます。

午前1
免除です。免除継続のため、そろそろ合格したいところです。

午前2
2週間前から対策を始めましたが、ちょっと勉強不足だったかもしれません。ただ、データベースからの出題については全問正解だったようです。 22/25でした。

午後1
問1と問2を選択 やっぱり時間が足りないです。 問1で大分時間を使ってしまい、問2を30分でやる羽目に。 出来はと言うと微妙です。 変な勘違いをしてなければいいですが、、。

午後2
問1を選択しました。 正直落ちたと思います。 全部解答欄は埋めました。 しかしながら全く分かってない問題もありました。 勘だけで答えられる問題なんてあるわけもなく、、。 また来年ですかね。

総括して。 IPAの高度の午後問題については、どれも時間との戦いと感じるが、特にデータベーススペシャリストはその傾向が顕著と思います。 速く正確に理解して、正しい設計ができる。 これが、1番いいとは思いますが、速くはマストではなくてもいいのでは?と思うのは私だけですかね? 実際の業務の中で2時間と言う時間の中だけで、要件定義、設計を終わらせるなんて事、私は経験した事ないです。 もっと余裕を持った時間にすればいいのにと思いました。 まあ、自分の実力が足りないだけなのかもしれませんが。

受験票届きました。

データベーススペシャリストの受験票が届きました。

勉強の準備が万全かと言われるとちょっと不安です。
実は、一度受けたことがあります。
その時は初回にネットワークスペシャリストを受けて不合格で、リベンジを目指していた頃の話です。とりあえず申し込みをしたのですが、あまり勉強に本腰が入らず、ほとんど勉強しないで受ける形となりました。午前2で敗退でもおかしく無かったのですが、予想に反し午後1までなぜか通過しました。Oracle Master Goldを取得した成果でしょうか?それとも、以前のDBを使った業務経験からだったでしょうか?
ただ午後2は時間がなくて半分ぐらい回答用紙を埋められずに終わった記憶があります。
その頃に比べたら、勉強していますが、やはり自信があるというにはほど遠いです。
しかし、せっかく受けるので最後まで足掻こうと思います。
今回は明日から午前2は電車の中で暗記を行う試みです。
ここまでは午前2は勉強しておらず、午後1と午後2の勉強のみ細々とやって来ました。
このやり方で果たしてうまくいくかどうか、、、、、。

ソーラーパネルで充電

晴れ間に使ってみました。

灯火採集の回で説明したように思いますが、今流行りの大容量のバッテリーを以前購入しましたが、今回後追いで購入したソーラーパネルを試してみました。

曇りがちな空ですが、INPUT 22Wと表示されています。

そもそも、このJackeryのバッテリー2ヶ月ほど放置してもほとんど放電しないんですが、大丈夫なんでしょうか?
わざわざ、バッテリーをしばらく使って減らしてから、充電を試しました。
結果としてちゃんと充電出来ました。
時間はかかるかもしれないけど、野外でも充電することが可能かもしれないですね。

ウォーキング9月10日

今日は、川沿いを歩いてみました。

もう稲の収穫も終わっています。遠くに稲が干してあるのが見えますね。

歩いている途中に、2つのことを考えました。
①秋の虫と言えばカマキリ。子供の頃はよく捕まえました。立派な成虫が見れないかなと。
②歩いていると桑の木が結構生えています。その昔子供の頃、茨城にあった祖父の別荘の近くの桑畑でよく捕まえたキボシカミキリ、四街道にもいるのかなと。

歩きながら、キョロキョロして歩いていると、なんと2つを一気に解決する状況を目撃。

カマキリに捕まるキボシカミキリ

これを一石二鳥と呼ぶのでしょうか、、、、。
季節は進んでいます。立派な成虫のカマキリがいました。
キボシカミキリは、四街道にも生息しているようです。

四街道、この地に住んでからもう20数年ですがまだまだ新しい発見が出来そうです。

当面の目標は、ノコギリクワガタをコンスタントに取れる場所を見つけることです。ノコギリクワガタは灯りに飛んできたものは数回捕まえているのですが、樹液で必ず捕まえることができる場所はまだありません。
コクワやカブトムシは普通にいるんですけどね、、、。

夏休みの旅行

那須 茶臼岳の山頂の一幕

8月の話ですが、子供達を連れて那須塩原に泊まり、那須周辺の観光に行ってきました。

宿泊した旅館からは、温泉に入りながら、この景色が見えた。

那須塩原。この地はこれまで、南会津方面へ渓流釣り、クワガタ採集に行くためにおそらく100回以上往復していると思われるが、この地を目的地として来たことは初めてとなります。
考えてみると十分自然豊かな場所。
敢えて昆虫採集はしなかったですが、それでもミヤマクワガタの♀を見かけました。
写真の川にも渓魚がいることでしょう。

子供がいなかったら、結婚していなかったら多分一生来てなかったでしょう。家族がいるから違う展開が生まれる。人生が豊かになるそう感じる今日この頃です。
特に子供達といると新しい発見が多いです。
そういうことを感じるのか、そういうことが面白く感じるのかととても興味深いです。

来年はどこに連れて行こうかなと今から考えてしまいます。